2008年02月14日

言葉は要らない

 NTTは12日、人の皮膚の表面などに交流電気信号を流してデータ通信を行う「人体表面電界通信システム」を4月にも商用化する方針を明らかにした。同システムの実用化は世界でも初めてという。個人認識用のICカードをポケットなどに入れたままドアノブを触るだけでセキュリティー認証でき、オフィス業務や日常生活の利便性向上が期待できる。
人体を媒体とした通信システム、所謂「人体通信」が実用化されるというニュースである。
このシステムは、赤外線通信やBluetoothの次世代の通信様式として注目されており、今回の記事のようなキーレスエントリー的な活用の他、ワイヤレスヘッドホンやユビキタスサービス等での活用が考えられているという。

触れるだけで情報が伝わるというのは画期的で将来性のあるシステムだが、いくら技術が進歩しても、人の想いや感情が触れただけで伝わるようには、決してならないのでしょうね。
でも、チャネルが繋がっている人同士なら、触れなくてもアイコンタクトでOKか・・・
posted by かびごん at 20:53| | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Creative EP-630 ブラックモデル EP-630-BK
Excerpt: カナル式なのでイヤーチップの付け方次第で低音の広がりは変わります。高音はちょっとシャシャってる気がします。コストパフォーマンスの点では文句無しです。ただ、Y型なのでu型を使ってた人にはちょっと違和感が..
Weblog: ヘッドホンのレス
Tracked: 2008-02-16 22:00