2012年04月05日

ネズミの相談

今日、我が支社の支店長の首に鈴が付けられました。
鈴を付けてくれたのは副支店長でした。
多くの社員が気にしていたことを代表して指摘してもらったのでした。
目出度し目出度し。
でも、その後支店長は他の社員の前で「そんなこと、どーでもいーのに」と言っていたそうです。

うーん、どーでもよくはないと思うのだが。
posted by かびごん at 20:15| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎日、突っ込みどころ満載で疲れてきました。
例えば・・・
「この件については、時間がないから、オチオチ話すよ」と言われました。
「時間がないからオチオチ話す?・・・・」
おちおちの後に来る言葉は打ち消しの言葉じゃないのか?
「オチオチ話していられない」じゃないのか・・・・

「後々(のちのち)話すよ」という意味のことを言いたかったのかな。
言葉の解釈で悩む日々です。
Posted by K1 at 2012年04月09日 00:04
●K1さん、いらっしゃい
鈴を付けて下さったおかげで、社員一同安心して支店長の話を聞くことができました。
でも、またどこで同様の事が起こるかと思い、支店長の話中はオチオチ居眠りもできません。
もしかして、これが彼の狙いか?
Posted by かびごん at 2012年04月09日 06:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック