2012年02月22日

罪と罰

我が支店の支店長はとてもいい人なのだが、気になっている点が一つある。
ある単語の読みを間違えるのだ。
その単語は、業界的には指導的な話のなかで出てくることが多い。
それだけに聞く側は多少の緊張感を持って聞く場面なのだ。
そのような状況のなかでの言い間違いなので、聞く側はギョッとなってしまう。
しかも今年度はその単語の出現率が結構高いのだが、その都度お約束のように間違える。
誰かがコッソリ指摘してあげればよいのだろうが、余りにも有り得ない言い間違いなので、指摘される側の立場を思ってか、未だ指摘されずに1年近く放置されている。
やっぱ、まずいよねぇ。

副支店長、指摘して下さいよぉ。
posted by かびごん at 21:02| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
猫の首に鈴をつけるのは私ってことになるのでしょうか。
またお世話になります。
よろしくお願いします。
Posted by k1 at 2012年02月26日 17:19
●k1 さん、いらっしゃい

お帰りなさい。ですかね?
こちらこそお世話になります。
支店長に鈴を沢山付けて下さい・・・というのは冗談です。
Posted by かびごん at 2012年02月26日 19:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック